来春公開予定の Roland TR-808 に関するドキュメント映画のトレイラー・ビデオ。
数々の名盤、音楽史を作ってきたリズム・マシーン Roland TR-808 に関するドキュメント映画、Afrika Bambaataa & Soul Sonic Force ” Planet Rock ” をバックに2分20秒のトレイラー・ビデオ。

http://www.flame-in.com/?p=15446

1 note
Vanity 6

世界中の、レアものモダン・ソウルやシンセ~レア・グルーブ系のリスナーの注目レーベル、「Peoples Potential Unlimited」。

その「PPU」が配給する「Omega Supreme」のタイトル、SASAC の2nd アルバム。Dam-Funk、MOON B、Brian Ellis、Turquoise Summers ラインの80′s アーバンなモダン・シンセ・ブギー・サウンド。

8曲収録でアナログは本国では既に完売、日本のショップにはまだ在庫ありのところがあります。今回はカセットを購入してみました。



http://www.flame-in.com/?p=15400

1 note

今日の気分で編集部内BGMは ” The Chamber Strings ‎/ Month of Sundays ” (2001)。

すっかり秋めいた夜に、エバー・グリーンなポップスを。

元Swell Maps のEpic Soundtracks( Nikki Suddenの弟) などと活動していた Kevin Junior による、ポップス・バンドの2ndアルバム「Month of Sundays」。June & the exit wounds、Pernice Brothers などとともに、当時、トッド・ラングレン~ビーチ・ボーイズ・チルドレン的サウンドのインディー・バンドがいくつか登場し日本でもちょっと話題になりました。

それぞれ良いアルバムを残していますが、The Chamber Strings はこの2ndがおすすめです。プロデュースは元Lilys のThom Monahan、ゲストにWilco のJohn Stirratt、アルビニのバンド Shellacのメンバーでエンジニアの Robert Weston なども参加。と、いろいろ話題も盛りだくさんなのですが、決して凝ったアレンジや演奏でもなく、ただただ曲が良いです。

http://www.flame-in.com/?p=15386

1 note
1977-1985 のUK DIY scene 、ほとんど自主制作でリリースされたパンク、NW などを131トラックまとめた、YouTube プレイリスト。ライター / 愛好家 Jon Dale 氏の解説付きでFACT マガジン上に掲載されています。Via* » FACT
http://www.flame-in.com/?p=15382
【ANOTHER SCALE 1004】2014年10月4日(土) @ 渋谷・七面鳥Live*BANKELEKIBASSnimit & co.http://newscalelive.blogspot.jp/2014/09/another-scale-104.html
「StonesThrow」のニュー・アーティスト MNDSGN、PYRAMID VRITRA、そして当ページではお馴染みのビート・クリエイター KNXWLEDGE aka Knx による来日公演。11/1から東京、大阪、福岡。東京公演はJames Pants も出演するようです。
http://www.flame-in.com/?p=15375

Erlend Øye、もうすぐ発売されるのニュー・アルバム「Legao」から、収録トラック “ Rainman “のビデオ。

http://www.flame-in.com/?p=15365

3 notes

今日の気分で編集部内BGMは ” The Blue Nile ‎/ Walk Across the Rooftops”(1983)。

スコットランド出身、カルト的な人気を誇るポップス・トリオ The Blue Nile の1stアルバム。夏が完全に終わったこの時期の愛聴盤の1つ。
洗練されたポップス的に語られますが、楽曲自体はそれほど凝ったアレンジではなく、むしろ曲そのものの力とシンプルで丁寧なプロダクション、スコットランドのバンドに共通する哀愁を帯びた暗さも魅力。30年間でアルバム4枚。ファンの間では2nd「Hats」が人気が高いですが、個人的にはこの1st のサウンドが一番好きです。
数年前にボーナスを含む2枚組として過去3作がCD再発されています。

http://www.flame-in.com/?p=15341

1 note

Arthur Russell のカバー・トリビュート・アルバム「Master Mix: Red Hot + Arthur Russell」のオープニング・トラック、 Jose Gonzalez による ” This Is How We Walk On The Moon “。

http://www.flame-in.com/?p=15330

2 notes